なぜベトナムなのか

ベトナム(ベトナム社会主義共和国)は東南アジア に位置し、1986年の政治的かつ経済的なドイモイ政策により海外からの投資を積極的に受け入れて来ました。2007年にはWTO の一部となり、さらに世界経済におけるその統合と事業機会を強化するために、2015年12月にはASEAN経済共同体に加入、その他66の国と地域との二国間貿易協定を締結致しました。

ベトナムは自然環境と地理的な条件により、農業が盛んでその就労人口は60%を超えています。しかしながら、特に北部においてはきんねん製造業とサービス業の拠点としての人気が高まりつつあり、その結果国家の富と消費の増大が投資家より注目され、新規事業や既存事業の拡大が行われている重要な要素となっています。加えて高度で豊富な労働力もベトナムの大きな魅力の一つで、ゲアン省には7つの大学、6つの短期大学、4つの専門学校、61の職業訓練校があり、ベトナム北中部の教育機関の拠点となっております。

さらに、2016年2月のEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)により、ベトナムとEUは、一定期間内(ベトナムでは10年間、ベトナムでは7年間)で99%を超える輸入関税を撤廃することに合意しました。 商品によってはEU)。 また、自由貿易協定(FTA)は、高度な技能のある仕事と知識の移転を支援することによって、繊維やエレクトロニクスのようなハイテク分野などの多くの分野でバリューチェーンを高める上で重要な役割を果たしています。
Source: https://www.vietnam-briefing.com/news/evfta-eu-vietnam-trade-relations.html/

そして、地方自治体は外国人が多くの産業の上場企業の100%の出資権ならびに土地と家屋の購入権を保有することを可能にすることによって外国投資を促進するための新しい規則を発表しました。 規制のこれらの変更は、よりビジネスにやさしく、国の経済成長を促進するのに役立ちます。
 

 

海外からの直接投資

海外からのベトナムへの直接投資は非常に有望と思われます。 2016年にはベトナムにとって成功年であり、ASEAN諸国内の主要な経済成長地域であるという世界の認識を継続しています。 今年の初め、商品価格とエネルギー価格の下落により、ベトナムのGDP成長率6.7%という目標を達成することができなかったが、それでも国内はGDPの6.2%で近隣諸国のほとんどを超えることができる。 2017年、政府はGDP成長率の6.7%を目標としていますが、年末には6.81%に達するでしょう。 2018年までに貿易関税を撤廃するために昨年欧州連合(EVFTA)との自由貿易協定を締結するとともに貿易を拡大することにより、実質GDPは2018年第1四半期中に約7.4%拡大しました<。/span>

ベトナムは2007年からWTOに加盟して以来、力強い発展を続けてきました。ベトナムは、総登録資本金が340,1600万米ドルに上る27,353のFDIプロジェクトを集めました。 特に、サムソン、LG、トヨタ、ホンダ、キヤノンなど、世界をリードする多くの大手企業が製造拠点としてベトナムを選択しています。
 


 

ベトナムにおけるFDI の2018年と2019年の対比




 

ベトナムの地理

ベトナムは歴史的にインドシナとして知られている東南アジアに位置し、国土面積は331,688K㎡、ラオス、カンボジア、中国に隣接しています。